単体では期待するほどの効果は無い

元々は、リンカルとしていた妊婦のうち73百分率の確率で男児が生まれてきたことから産み分けのものとして有名になりました。二度と100百分率というわけではないのです。
産み分けものとしては産み分けゼリーというのもあり、男児を産みたいのであればグリーンゼリーで膣以内をY精子が好むアルカリ性に満たしてやってより着床し易くするが、こちらのものを使えば80百分率の確率で成功するとされています。断然100百分率ではないものの、こちらのやり方のほうがより高いパーセントというわけです。
リンカルだけだと産み分け成功の確率は低い結果、Y精子の気分を知っていくつかのものを併用したほうがよいでしょう。
ただ、仮に頑張っても100百分率にはならず、失敗することもあります。赤ちゃんは天からの授かりものなのです。男児を望んだけれどママが生まれてきたというときも、同じあなたの子供なのですから大切に育てて下さい。
産み分けは、望んだ性別の子供が生まれてきたらいいなという程度であまり深くのめりこみすぎるのは危険です。やめましょう。婦人も、生まれてきた赤ちゃんもアクシデントにならないためにも肝です。ahcscongress.com